失敗したら全てがなくなるわけではない

投資で失敗というと、投資した全てのお金がなくなると考えてしまいがちです。
しかし、北川がお勧めする長期分散投資では元本割れするリスクは多少あるものの、投資したすべてのお金がなくなることはほとんどありません。

とにかくリスクを最小にする長期分散投資

北川がおすすめしているのは、とにかくリスクを減らすために「分散」を徹底的に行うものです。

  • 地域
  • 銘柄
  • 投資対象
  • 時間

などあらゆる物を分散してく長期分散投資です。
ありとあらゆるものに分散をしているので、例え購入していた会社が倒産したとしても影響はほんの僅かになります。
なので、リスクは減ります。

また、株式でも長期保有を行うことによって失敗するリスクが減らせるという研究結果も出ています。
5年保有:最低-11% 最高37%
20年保有:最低6% 最高20%
30年保有:12%に収束
30年という時間をかけて分散投資を行うことによって、リスクを最小にすることができます。

途中で解約もできる

長期分散投資というと、解約が難しいと思われてしまうかもしれません。
しかし、状況の変化により、投資を続けることが難しくなったという人もいます。
解約が必要になったらすぐに解約ができるので、心配をする必要はありません。

少額から始められる

資産運用や投資を始めるにあたって、大金が必要だと考えてしまいがちですが、
実際にはネット証券などでは1,000円から投資が行えます。
私北川がおすすめするのは、積立式で投資を行うことです。
なので、最初から大金が必要ということはありませんし、貯蓄をする感覚で投資をスタートできます。

余ったお金のみを投資する

生活をするのには当然お金が必要です。
生活費を投資に回す必要がありません。
投資を行うお金は、「5年以内に使う予定のないもの」をお勧めしております。
貯金も行いたいという場合には、現在毎月行なっている金額の貯金を半分にして残りの半分を投資に使うというようにしましょう。

例)毎月5万円を貯金している場合
25,000円を貯金に、25,000円を投資に回す

毎月定額で積立購入を行う

人は「何かをしなきゃいけない」と考えると、必然的に精神的な負担が大きくなりモチベーションが下がってしまいます。
あらかじめルールを決めて行うと、精神的な負担もなくなり、持続させることになります。
公共料金なども、毎月口座から引き落とされると特に負担に感じないでしょう。
長期分散投資を行う上でも、毎月定額を購入し、口座から自動的に定額が引き落とされるようにすることで、精神的な負担がなくなります。