今ではインターネットでボタンひとつで世界中の株式や債券を購入することが可能になりました。
様々なコストを掛けずに全て自分で行うということも可能ですが、
そのためには様々なハードルがあります。

まずは勉強

全く知識がなく、投資を始めるのは危険です。
そのためにまずは投資に関する勉強をしなくてはなりません。
投資で失敗をしないためには数学的教養と経済を理解する必要があります。
また、専門用語も理解しておく必要もあります。
どんなスキルにも必要な勉強時間は1万時間ていどといわれています。

何を買うか種類を選ぶ

現在ではインターネットを介して世界中の資産を取引することができます。
投資を開始するにあたって、投資の対象を選ばなくてはなりません。
どの資産に投資をするのか、例えば株式を購入するか、債券を購入するかなどです。

世界中の数多くある資産から何を購入するかを決めなければなりません。

口座を開設する

証券会社に口座を開設しないといけません。

購入銘柄の選定

株式を買う場合には、銘柄を選定しなくてはなりません。
選定のための情報収集が必要ですし、複数の商品を買う場合にも、
組み合わせを一人で考える必要があります。

メンテナンス

投資は買ったら終了ではありません。
持っている商品が不調になるということはよくあります。
まず監視をして、不調になった場合にはメンテナンスが必要です。
いつ不調になった商品を売るか、商品を変える場合には何に買えるかを一人で判断しないといけません。

換金の手続き

商品を換金する必要があります。
その手続きも自分で行う必要があります。
場合によっては商品を購入した販売会社の支店窓口に行く必要があります。