伊藤真二様(仮名) お客様の声「本業に集中してくださいと言われたことが、良いきっかけとなりました。今は、投資していることを忘れるぐらい、仕事に打ち込めています。」

伊藤真二様(仮名) 38歳 男性 会社員(東京)

相談の経緯

-資産運用の必要性や関心をお持ちになったのはいつ頃、どのような経緯からでしょうか?

1998年に留学から帰ってきてみたら、家の中がとんでもないことになっていました。
それも2002年に片がついたのですが、経済的な備えを何かしなきゃあと思っていたところへ、会社からFP資格取得のススメがあり、2003年にFP資格を取ったのが始まりです。

しかし、経済のセンスがないというか、お金のことにはうといままで、勉強はしたけれど自分では何もできないでいました。

-北川をいつ、どこで知ったか覚えておられますか?

冊子の編集・ライティングの仕事をしており、FPへインタビューするという企画がありました。
FPの資格だけは持っているということで私が担当することになり、その取材でお会いしたのが北川先生でした。

-その時の第一印象は?

その日は北川先生のマネーセミナーの当日で、
本番前の慌ただしい時間での取材だったこともあり、緊張されていたのか、正直ちょっと怖いなと感じました。

-資産運用のアドバイスを専門家に依頼する事を考えた際に、複数の業者をリストアップされたでしょうか?された場合、依頼先を選定するにあたって重要視したポイントは何でしょうか?

3人のFPをリストアップしましたが、人当たりの良さよりも、実績と仕事の質の高さで選びました。
馴れ合いで流されるのはイヤだったので。

依頼の理由

-私にご依頼頂いた理由は何でしょうか? どこが良くて、どんな点が気に入リましたか?

お金にことには厳しくて、妥協を許さない人だと感じだからです。
指摘すべきことを、ドライにはっきり指摘してくれて、きっちり結果を出してくれそうな気がしました。
いい加減な感じは皆無でした(笑)。

仕事に入る前に、投資にあり方について長い論文をもらったことで北川先生に頼もうと決意できました。
「転ばぬ先の杖」という名刺のフレーズも心に刺さりました。

-依頼する際に不安に感じた点はありましたか?

投資をしたことがないので、やはりお金が減ることは怖かったです。

実際に資産運用の相談やサポートを受けて

-実際に依頼して感じたことについてお聞かせください。実際に依頼してから改めて気付いた点、良かった点はありますか?

実は、怖い人ではなかった(笑)。
仕事には厳格ですが、多方面で親切な助言をもらいました。
むしろ、温かい人でした。

-ここを改善してもらえると嬉しいという点は、ありますか?

メールでの質疑応答がほとんどなので、ときどきは電話なども欲しいな、と思いました。

北川邦弘に資産運用の相談やサポート依頼を考えている方へのアドバイス

-他の人に紹介するとしたら、どのような方に紹介したいですか?

僕みたいに、お金のセンスがない人、どうしたらいいか分からない人におススメしたいです。
お金のことは知識だけではどうにもならないから、やっぱり見識ある他人に関わってもらうことが必須と思っています。

-これから、北川邦弘に資産運用の相談の依頼を検討している方に対して、「先輩相談者」としてのアドバイスなどあれば、お願いします。

最初は怖いかもしれないけれど、そんなことはないから安心して、と言ってあげたい。

今後の期待

-最後に、今後の抱負と北川への今後の期待があればお願いします。

北川先生に、「本業に集中していてください」と言われたことが、良いきっかけとなりました。
今は、投資していることを忘れるくらい、仕事に打ち込めています。
次は、自分の家計診断を北川先生にお願いしたいと思っています。

伊藤真二様(仮名) インタビューにご協力ありがとうございました。

取材日 2012/02