着実な資産運用手法とは?

リーマンショック後の大暴落から2年を経過した2011年3月、ほとんどの投資家はいまだに大きな損失を抱え、投資などしなければよかったと後悔しています。

しかし、あるルールに基づいた投資をしていた正しい資産運用を実行していた方々は、早くも損失を解消し元本を回復し、すでに小さな収益を築き始めています。

そのルールとは、以下のような簡単な原則です。

  • タイミングをはかる資金投入をしなかった。
  • 集中投資をしなかった。
  • 支出使途のあるお金を投入しなかった。

やってはいけない資産運用
具体的には、以下のような方法です。

  • 5年以上前から毎月5万円の積み立て型投資を行っていた。
  • 数本の公募投資信託を買って世界分散投資を行っていた。
  • 向こう5年間に使う予定のないお金だけ投入していた。

このような簡単で儲かる投資術を継続できた秘訣は次の3点に要約できます。

  • 初志貫徹する心
  • 優秀な投資信託を見極める眼力
  • 信念を共有する専門家からのサポート

前の記事へ 次の記事へ

    失敗しない資産運用

  1. 資産運用のトラブルや失敗するケース
  2. 条件1 資産運用について正しく理解する
  3. 条件2 リスクをコントロールする方法を知る
  4. 条件3 資産運用の必勝のルール
  5. 条件4 分散の必勝ルールを知る
  6. 条件5 リーマン・ショックでも生き抜く着実な資産運用手法を知る
  7. 条件6 優秀な投資信託と証券会社のポイントを知る
  8. 条件7 優秀なアドバイザーを低コストで活用する
  9. ネット証券のリスク把握していますか?
  10. 世界分散投資を成功させる5つのステップ
  11. 投資信託が優れている4つのポイント!