攻撃的から防衛的なものまで様々なバリエーションの資産運用があります。
しかし防衛的な運用を行いたいとしても闇雲に始めるわけにはいきません。
ここではリスクコントロールについて学んでみましょう。

リスク・コントロールの方法は3つある。

リスク・コントロールの基本は、「分散」することです。
分散といっても何を分散すればよいかわからないことが多いでしょう。
ここで、リスク・コントロールする際に、知っておくべき3つのポイントをご説明します。

1:投資対象の分散

投資というと、特定の会社の株を買うとか、金先物に投資するとか、為替FXで円安に賭けるとか、なにか突っ込んでしまいがちです。

しかし、穏やかな投資とは世界のメジャーな資産にまんべんなく分散して投資をすることです。
できれば、値動きが異なる資産を併せ持てばリスクヘッジができます。

地域的な分散(世界分散投資)や商品タイプの分散(金融商品、債券、不動産、保険など)について情報収集するか、分散投資の知識・経験が豊富なアドバイザーにアドバイスを求めることでリスクを減らすことが出来ます。
地域・商品タイプを分散して投資

2:時間の分散(まとまったお金が無い人でもOK!)

投資というと、「まとまったお金」を一度に何かの投資商品に投資するというイメージが一般的です。

しかし、正しい資産運用では、まとまったお金は必要有りません。
投資はいっぺんに資金投入をしないで、毎月コツコツ買っていくことが重要です。

買っていくタイミングも自分で決めないで、証券会社のルールに従って自動的、機械的に買っていくことで、良い投資ができます。

むしろ、自分で購入するタイミングを計ってはいけません。
ギャンブルではなく、正しい資産運用をするには、投資する時期も分散させることが重要です。

3:投資期間の極大化(長期投資)

地域・商品タイプ、時間も分散して投資
投資は、短期間で考えるとリスクが高くなりますが、長期的に考えるとリスクが低減するものです。

資産運用で失敗してしまうのは、急いで儲けようとするからです。
早くたくさん儲けたいという焦りが、人の理性を曇らせてリスクを無視した投機に走らせます。
たとえ、株価が暴落しても回復を待つ時間があれば、当初の期待収益率や資産分散のポリシーを変えることなく我慢することができます。

また、時間をかければかけるほど、投資のリターンは平均に回帰するという統計があります。

例えば、株価の1年間だけの価格変動はとても大きくて怖いものがあります。
投資元金が倍になることもあれば、半分になることもあります。
しかし、これを5年間保有すると、統計上は最高で37%増え最低で11%減るという範囲におさまります。

20年間では、最高では20%最低でも6%は増えます。30年保有していれば年率12%の収益率に収まります。
これが、まさに時間をかける価値なのです。
時間はリスクを軽減し、平均的な収益をもたらしてくれます。

ですから、時間はたっぷりかけたいところです。
そう考えると、早く始めた人が勝ちといえるでしょう。
長期投資の考えを身につけることが出来ると、一時的な経済不況など目先のことに一喜一憂することがなくなり、経済的な不安と決別することが出来ます。

補足ですが、始めるのは悪い環境の方が良く、その意味では、今のような時期に長期投資を始めた人は損することが難しいくらいの高収益にあずかれます。

前の記事へ 次の記事へ

    失敗しない資産運用

  1. 資産運用のトラブルや失敗するケース
  2. 条件1 資産運用について正しく理解する
  3. 条件2 リスクをコントロールする方法を知る
  4. 条件3 資産運用の必勝のルール
  5. 条件4 分散の必勝ルールを知る
  6. 条件5 リーマン・ショックでも生き抜く着実な資産運用手法を知る
  7. 条件6 優秀な投資信託と証券会社のポイントを知る
  8. 条件7 優秀なアドバイザーを低コストで活用する
  9. ネット証券のリスク把握していますか?
  10. 世界分散投資を成功させる5つのステップ
  11. 投資信託が優れている4つのポイント!