資産運用の必勝ルールや優秀な投資信託を選ぶコツを理解したとしても、全てを自分で調べたり、実行するのは、非常に手間や時間がかかります。

メンテナンスも含めて、全てを自分で運用するのは、あまり現実的ではないかも知れません。

理想的なのは、低コストで、自分の人生設計や価値観を理解してくれる専門家に代行してもらったり、アドバイスを受けることです。

銀行や証券会社でも手数料が取られるだけで購入後のサービスやメンテナンスがない場合があります。
しかも、担当者もいつも交代するので、とてもストレスがかかるケースもありますので、注意が必要です。

中には、証券会社からサポート代行を任されている専門家もいるので、そうした専門家に依頼することで、証券会社から購入するのと同じ手数料にも関わらず、専門家の手厚いサポートも受けることが出来ます。

良い資産運用アドバイザーを見分けるためのポイント

ここで、良い資産運用アドバイザーを見分けるためのポイントを簡単にご説明します。

ポイント1:報酬体系や紹介報酬の有無を誠実に伝えてくれる

アドバイスが信用できるかどうかの1つのポイントとして、専門家のアドバイスが「クライアントのため」なのか「自分が儲けるため」なのかという点です。

アドバイザーが金融商品を紹介すると証券会社などから、紹介報酬を得る仕組みになっていることが良くあります。
中には、報酬の高い商品を優先的にクライアントに薦めるアドバイザーも存在します。

信頼できるファイナンシャル・アドバイザー、資産運用アドバイザーを見分けるポイントとして、報酬体系とくに、紹介報酬について誠実に伝えているかどうかが挙げられます。

聞かれたら応える専門家よりも、事前にホームページなどで「◯◯を購入していただくことで、証券会社から手数料の一部を受けています。」という旨を誠実に伝えている専門家は倫理的な面で一定の信用をすることができます。

ポイント2:資本系列でつながっていない。特定の商品を売ることを目的としていない。

資産運用アドバイザーの中には、特定の証券会社の代理店となっていて、その会社の商品を売ることが目的となっているという場合もあります。

販売する商品がお客さんにとって最適であれば言うことないのですが、必ずしも最適とは限らないケースも存在します。

そのような場合、特定の商品しか扱っていないアドバイザーでは、最適の解決策を提案できないという問題があります。

独立系であらゆる選択肢からクライアントに最適な商品をアドバイスできる専門家の方が失敗する可能性が低くなります。

ポイント3:幅広い知識と経験をもっていて、あらゆるケースに対応できる。

資産運用は、長期間にわたって行うものです。
その過程で、経済環境やお客様の状況もと変化していくでしょう。

どのようなケースにも対応できる幅広い知識と経験を持って対応できる専門家を選ぶことは重要と言えます。

  • 「投資信託しかわからない。」
  • 「株式投資しかわからない。」
  • 「外貨しかわからない。」
  • 「長期投資しかわからない。」
  • 「短期的な株式トレードしかわからない。」

といった専門分野以外の知識や経験が乏しいアドバイザーの場合、うまくいっている間は問題ないのですが、専門分野の成績が良くない経済環境に陥ったときに他の手法でのリスク回避が難しくなります。

あなたが資産運用について詳しくなければないほど、「株式、外貨、保険、投資信託、不動産、相続」といった様々なケースに対応できる幅広い知識と経験をもったワンストップサービスを提供できるアドバイザーを見つけることが重要です。

ポイント4:専門家としての質の高い情報提供をしている。

専門家のレベルを把握する、ひとつの目安として情報提供の質や信頼性から判断することが出来ます。

ブログやホームページで行なっている情報提供を調べる。
商業出版(自費出版ではなく)をしているかどうか。また、書籍の内容を調べる。
雑誌での取材やコラムの掲載実績があるかどうか?
審査に合格する必要があるメディアに掲載されている(All Aboutの公式ガイドなど)

ポイント5:豊富な実績がある

ファイナンシャル・アドバイザーであれば、誰でも良いというものでもありません。

ファイナンシャル・アドバイザーと名乗っていたが、実は、実績や投資経験がほとんど無い名前だけのアドバイザーなんてこともあります。

アドバイザーとして、長年の経験や実績がある専門家を選びましょう。
クライアントがいない駆け出しのファイナンシャル・アドバイザーや資産運用アドバイザーではなく、数百人、数千人のコンサルティング経験をもっていて、多くの顧客から信頼されているアドバイザーを選ぶと失敗しにくいと言えます。

以上の7つの条件に注意して、正しい資産運用を行えば、良い結果が得られるでしょう。

前の記事へ 次の記事へ

    失敗しない資産運用

  1. 資産運用のトラブルや失敗するケース
  2. 条件1 資産運用について正しく理解する
  3. 条件2 リスクをコントロールする方法を知る
  4. 条件3 資産運用の必勝のルール
  5. 条件4 分散の必勝ルールを知る
  6. 条件5 リーマン・ショックでも生き抜く着実な資産運用手法を知る
  7. 条件6 優秀な投資信託と証券会社のポイントを知る
  8. 条件7 優秀なアドバイザーを低コストで活用する
  9. ネット証券のリスク把握していますか?
  10. 世界分散投資を成功させる5つのステップ
  11. 投資信託が優れている4つのポイント!