NISAのロールオーバーをどうする?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2018年10月23日配信「NISAのロールオーバーをどうする?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

日経平均が突如1,000円下げてから、1週間が経ちました。
株価は、いったん反発したので、すぐには投資できませんでした。
しかし、まだ上値は重い感じですので、
再び下落したところを、買おうと待ちかまえています。

さて、NISAが始まって5年が経ちました。
この非課税は、5年毎という仕組みなので、
今は、5年前に投資した非課税資産を、来年に向けて、
移管(ロールオーバー)しようか、しまいかと迷っている頃かと思います。

お客様たちには、個別に対応していますが、
今日は、一般的な対応方針をご案内します。
意外と多い反応が、「よく分からないけど、移管しておこう」
という、なんとなく移管派です。

非課税枠を移管するというと、なにか得をした気分になり、
移管しないというと、失いそうな怖れを感じるのでしょう。
実は、それは逆なのです。

他には、移管してしまうと非課税枠を過去資産で使い切ってしまい、
新規投資ができなくなるのかという誤解もありがちです。
これはまったくの間違いです。非課税枠がなくても、投資はできます。
今日は、ロールオーバーに関する基本を、ご案内したいと思います。

基本的な指針は、こうです。
来年に新規資金で120万円以上の投資をしそうな人、
たとえば、毎月10万円以上のつみたて投資をしている人は、
迷うことなく、「移管せず」という選択が正解です。

なぜなら、移管すると、来年の非課税枠が無くなってしまい、
新規資金による収益を非課税とする可能性を失うからです。
まあ、5年前に投資した保有資産と、来年に投資する見込み資産と、
どちらの方が、これから5年で収益が出るのかと深刻に考えだすと、
非常にむずかしくなってしまいます。

将来のことは、厳密には分かりませんが、
過去の銘柄選択よりも、来年の銘柄選択の方が、
時勢にマッチしているだろうと考える方が、自然です。
よって、来年の投資予定金額で、移管の可否を決めてください。

ただし、新規投資が120万円未満の方でも、
移管しない方が良いケースがあります。
それは、来年に、なんらかのリバランスが予想できる場合です。

たとえば、成績の悪いファンドを持っていたとします。
しかも、待っていても改善しないという定性的欠点が確認できたなら、
ある時点で処分して、その売却資金でもっと元気の良いファンドを買おう、
と計画します。もし、その乗換えが来年にあるとしたら、
その乗換え分の非課税枠を空けておいた方が良いのです。

その場合には、全部移管でもない、移管せずでもない、
一部移管という選択になることもあるでしょう。
来年の購入予定額だけ、非課税枠を空けておくという対応です。

ただし、一部移管で悩ましいことは、金額指定ができないことです。
証券会社は、一部移管に関しては、銘柄ごとの選択で対応しています。
5年前に買った非課税資産のファンドのうち、
その一部だけを移管して、残りを移管しないという選択です。

では、5年前に購入したファンドの中から、どうやって
移管するファンドと移管しないファンドを選ぶのか?

私は、このように考えます。
収益性の高いファンドから移管して、低いファンドを残します
(残すというのは、課税口座に移管すると同義)。
もちろん、収益性とは、将来の5年間にわたる収益性ですから、
正直言って「神のみぞ知る」ということになるでしょう。

将来の収益について確信がなければ、過去の実績に頼るしかありません。
リターン実績の高いファンドが、将来も高くなりそうだと考えることは当然です。
結論として、過去リターンの高いファンドを一部移管に選ぶこととなります。

今回は、人生戦略ではなくて、投信講座になってしまいました。
投資をしていない方、投信を買っていない方には、
不必要な情報で、申し訳ありませんでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
清々しい秋が、皆さんを、快適にしてくれますように!

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「新渡戸稲造が説く勇気の養い方とは?」

勇気の養い方のお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。