敬老の日に思う自分の務めとは?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2018年9月18日配信「敬老の日に思う自分の務めとは?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

前号で、大坂なおみさんの優勝を、
日本人として史上初と書いてしまいましたが、
シングルス優勝が初めてなので、お詫びして訂正いたします。

実は、私も認識不足でしたが、ダブルスでは、
6人もの日本人が4大大会で優勝しています。
1934年 三木龍喜(敬称略、以下も同じく)
1955年 宮城淳、加茂公成
1975年 沢松和子
1997年 平木理化
1999年 杉山愛(この後、2000年、2003年にも優勝)

車いすテニスでは、国枝慎吾、上地結衣のお二人も、
グランドスラムを達成しています。
日本は、世界のテニス会で相当な強豪国であることを、
知りました。たいへん失礼いたしました。

国際大会で優勝というと、セーリングの世界でも、
今週の江ノ島で快挙が達成されました。
男子470級で優勝したのは、岡田奎樹選手です。
今年W大学を卒業した、私の可愛い後輩です。

岡田選手は、小三のときに小学生の部で日本一になり、
大学一年では国体を優勝、三年でジュニア世界選手権に優勝。
押しも押されもせぬ、東京五輪の代表候補第一人者です。

マスコミがほとんど取り上げないセーリングですが、
世界では、もっとも品格あるスポーツとして尊敬されています。
2020年の、日本人セイラーの活躍に、ご注目ください。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
昨日は、敬老の日でした。
私も、孫からお祝いの手紙を受け取るようになり、
老人の務めとは何かを、考えざるをえない歳になりました。

最近では、「お盆玉」という新語があるそうです。
年に数回しか孫に会えないジイちゃんバアちゃんが、
夏休みに帰省して来た孫にあげるお小遣いのことだそうです。

私は、一回ももらったことも、あげたこともありません。
お金の正しい使い方を知らない子供に、小銭を与えてどうなるのでしょう?
可愛いあまりに与えるお金が、甘やかすだけの結果にならないでしょうか。
私は、厳しい金銭感覚を教えるジイちゃんでありたいと願っています。

だからといって、ケチだと非難しないでください。
孫のために、ジュニアNISAを利用して、毎月2万円の贈与をしています。
孫は、今は知らなくても、20年後には一千万円近い資金を受け取って、
ジイちゃんの愛の深さ(?)を知ることとなる瞬間が、今から楽しみです。
さらに、お金の上手な扱い方を子孫の代にまで伝授できたら、最高の貢献です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆さんは、敬老の日に何を思われましたか?
人生の円熟期をどう生きるか?
これは、決定的に、致命的に、大事な課題です。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「歴史的真実から人生戦略を獲得する!」

投資は最悪のときと最善のときと、その振れ幅を取る。というお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。