アスリートがくれた感動

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2018年2月27日配信「アスリートがくれた感動」です。

ピョンチャンでの冬季五輪が終わった直後の記事です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

ピョンチャンでの冬季五輪が終わりましたね。
あまりテレビは見ない私ですが、
今回は、ずいぶんと釘付けになってしまいました(笑)。

もちろん、競技の様子も、熱いのですが、
アスリートの語る言葉に、ずいぶんと感動させられました。
自分の忘備録として、帰国会見時の名言を記録しておきます。

羽生結弦選手
すべてがご褒美だと思っていて、これ以上は何も望んではいない

高梨沙羅選手
悔しい思いを原動力に変えてやってきた。

宇野昌磨選手
目の前のことを一つ一つ全力でやっていくだけ。

平野歩夢選手
銀メダルは、自分に課されたさらなる課題。

高木美帆選手
不安や恐怖がありましたが、たくさんのメッセージをいただき、
一緒に戦えているという勇気をもらえて、
レースに強い気持ちで臨むことができた。

本橋麻里選手
銅メダルは、“頑張ったね”と“まだがんばれるよ”という
2つの意味のある色なのだと思っています。

藤沢五月選手
自分たちを信じて最後まで戦った結果、銅メダルを取ることができた。

皆さんは、どんな言葉に感動しましたか?
アスリートが吐く言葉に、とても清らかなパワーがあるのは、なぜでしょう?

私は、3つの要素があると感じています。
1つは、感謝です。
心の底から、感謝の気持ちを持てた人の言葉は、真に強いです。

2つには、エゴの超越です。
自分の欲得を超えた所に、目的を持つ人は、魅力的です。

3つ目には、自己愛です。
エゴを越えている、自分を甘やかしていない、
けれども、自分を愛している、認めている人。
自己愛を持つ人の言葉は、人を共感させます。

アスリートの吐く言葉に比べると、
政治家たちの弁舌や話し方は、ずいぶん違いますね。
いえ、アスリートが善人で、政治家が悪人だと言うつもりはありません。

私たちの現実は、決して爽やかで清らかな訳ではありません。
泥にまみれ、エゴと格闘し、対立と批判にさらされながらも、
長い人生を生きていかなければなりません。

そうであっても、アスリートの魂を持って生きていきたいものだ、
そう思わせる、冬季五輪の2週間でした。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆さんの1週間が、自己愛に満たされていますように!

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「株安は再燃するのか?」です。

世界の株価が再下落した理由についてのお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。