仮想通貨を曲解しない

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2018年1月30日配信「仮想通貨を曲解しない」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

コインチェックからの仮想通貨流出事件が話題です。
大方の見方は、加害者にも被害者にも冷笑的ですね。

つまり、あんなものに投資したのだからしようがない、
欲の皮の突っ張った愚か者がはまった落とし穴であると。
これは、仮想通貨投資家に対する自業自得説。

仮想通貨取引所なんて経営している人に、
まともな順法精神や倫理観なぞあるわけがない。
これは、コインチェック経営者に対する軽蔑、侮蔑。

投資という行動に対して、非道徳的とか、あぶく銭とか、
ネガティヴな価値判断をしてしまう文化が、この国には濃厚です。
事件の真相は、私にはまだ分かりませんが、
そのような批判的な先入観で、関係者を見るのは、間違っています。

仮想通貨という仕組みは、将来の金融を変えるほどの、
すっごい潜在的魅力があります。
今はまだ過渡期なので、不完全なシステムにより、
犯罪や不正の温床になっていますが、
その仕組み自体が、悪いわけではありません。
ですから、金融庁も行政指導で、正しい方向に導こうとしています。

30年後には、円もドルも電子通貨になっているかもしれません。
昔は、貨幣とか紙幣とかいう物体でマネーを持っていたんだ。
持ち運びや、数える手間が大変だったろうね、なんて語られていることでしょう。

今はまだ不完全なシステムであることを承知した上で、
理知的に挑戦的な投資をしている仮想通貨の投資家は、確かにいます。
自分で真剣に研究をして、驚くほどの儲けた人もいます。
そうした人たちは、こんな事件にも泰然としていられはずです。

万が一、資産を奪われたとしても、想定の範囲内として、受け止められます。
決して、コインチェックの本社建物に押しかけたりはしないものです。

通貨ネットワークはハッキングされることはあるかもしれない。
もしその被害に、自分が合った場合には、諦めるしかない。
その程度の金額でしか、投資をしてはいけないと、自制をしているのです。

人生の大逆転を狙って持ち金全てを仮想通貨に投じたり、
将来の生活のために仮想通貨での利殖を狙ったりは、
まっとうな投資家は、決してしないものです。

その限りにおいて、このような事件の報道は、
もっと冷静であるべきだし、前向きであるべきです。
関係者をあざ笑うような受け止め方は、
投資できない人の負け惜しみであることが多いのです。

仮想通貨の投資を勧めるものではありません。
そういう世界もあるし、まともに戦える人もいる、
自制を失って、被害に会う人もいる。
ただそれだけ。現実をありのままに理解したらいいと思います。

その上で、自分はどうするかという自分の問題があります。
人の失敗を見て、やらない自分の幸福感を確認するような、
そんな生き方を、私は好きではありません。

だれもが、人生と戦い、お金の魔力に挑んでいます。
そこから、人は学ぶできであり、
あげつらったり、白い目で見ることにご用心ください。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆さんが、今週もベストコンディションでありますように!

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「ステイイン・ザ・マーケット」です。

長期投資家の合言葉「ステイイン・ザ・マーケット」のお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。