クレジットカードを良心度で選ぶ!

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2017年11月22日配信「クレジットカードを良心度で選ぶ!」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

前回の「お金を失う悲劇との付き合い方」では、
「参考になった」と、多くの反響をいただきました。
ありがとうございます!

その後、旅行代金の返金に関して、もう少し調べてみました。
実は、同じ前金でも、クレジットカードで支払った人には、
前金が返金されたという幸運な人がいました。
現金で支払った人への弁済は3%にとどまるということですから、
カードか現金か、この違いは天と地です。

ただし、クレジットカードを使ったすべての人が、
返金されたわけではないことが、今日のテーマです。
カード会社の中には、すぐに返金に応じてくれる所もあり、
返金にまったく応じない会社もあるようです。

インターネットで調べてみると、
良心的に返金に応じてくれたのは、次のカード。
・YJカード(Yahoo Japan)
・ビューカード(JR東日本系列)
・エポスカード(丸井グループ)

自分は、これらのカードを持ったことがありません。
新興のカード会社で、顧客獲得に積極的という印象です。
返金というと、引き落とし前の代金の返金を想像しますが、
上記の会社は、引き落とし後の返金までも実行しているらしく、
利用者からは、感動と感謝のメッセージが聞かれました。

その一方で、返金には慎重なのは、
老舗の大手銀行系のカード会社です。
まずは、支払い抗弁書の提出が必要であるとか、
返金の協議に時間がかかるとか、
あまり顧客本位ではない対応が明らかになっています。

今まで、クレジットカードを選ぶときに、
不正な請求に対する返金処理などは、
まったく考えたことがありませんでした。

しかし、クレジットカードの盗難やフィッシング詐欺など
による不正利用が増えている現状から鑑みるに、
今後は、こうしたクレジットカード会社の対応力を、
私たちはチェックする必要があると感じました。
つまり、顧客を守る良心度の点検です。

皆さんは、何枚かのクレジットカードを持っているでしょうが、
どんなことを基準にして選んでいますか?

ブランド?
会費?
それとも、サービスやポイント還元率でしょうか?
不正利用された時の返金体制も、一度確認しておくべきですね。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆さんのお金が、危険から守られていることを願っています。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「北朝鮮の次は、サウジアラビア?」です。

サウジアラビアで昨年11月に起こった多くの逮捕者が出たお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。