闘う哲学者が魅せた自問力とは?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2017年10月31日配信「闘う哲学者が魅せた自問力とは?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

さて、真の学習は、質問をすることから始まるという話をご存知ですか?
私たちは、話を聞き、文字を読み、記憶することから、
学習が始まると、小さい頃からしつけられてきました。

しかし、人間にとって、実はもっとも効果的な学習方法とは、
語ること、描くこと、書くことであることが証明されてきました。
中でも、とりわけ決定的に大事なことは、質問する力です。

学校や会社で鍛えられる質問力は、対人的なものです。
つまり、先生に質問する、お客様に質問する、恋人に質問するなど。
それも、大事なスキルなのですが、
人生戦略においては、自分に対する質問力が致命的に大事です。

その最高の事例を、先日あるテレビ番組で発見しました。
プロボクサーの村田諒太さんが、再試合でKOにより、
世界チャンピオンになるまでのドキュメンタリーです
(村田選手は5月に同じ相手に不可解な判定負けを喫していた)。

試合前の記者会見では、ボクサーとは、プレッシャーを抱えながら
乗り越えていくものだ!とカッコ良く回答した村田選手でしたが、
その数週間前までは、プレッシャーで押しつぶされそうになっていたそうです。

彼が、プレッシャーを克服するキッカケとなったのは、
試合1週間前の、長男の保育園の運動会のこと。
幼い男の子が一生懸命に徒競走する姿を見て、
彼はこう問いかけたのだと思います

「プロボクサーの地位を失うことと、この子の父親の地位を失うことと、どちらが辛いだろうか?」

もちろん、父親の地位を失うことの方が、何倍も辛いことです。
しかし、この比較を自問したことで、彼は、
試合に負けたときの恐怖を和らげることができたのです。
一生懸命やればそれでいい。
悪い結果が出たとしても、それは最悪のことではないと。

村田選手が、たとえばコーチにこう尋ねていたらどうなったでしょう。
「試合前に怖くなるのはなぜでしょう?」
「もし負けたらどんなヒドいことになりますか?」
「プレッシャーに勝つ方法を教えてください」

きっと、他人からの答えを聞いて、
彼はますますプレッシャーを感じていただろうと想像します。
なぜなら、他人が、正解を与えることはできないからです。
本当の葛藤は、本人にしか分からないし、
納得できる正解は本人しか見つけることはできないのです。

そうではなくて、彼は自問自答することで、
恐怖は相対的には小さいことに気づいたのです。
彼が、闘う哲学者といわれるゆえんもここにあります。

しかも、他人から言われたのではなく、
自分自身で気づいたので、だれに反論する必要もありませんでした。
こうしたプロセスは、人を一瞬にして強くします。

人生で、正しい道を、強く歩き続けるには、
適切な自問自答が不可欠です。
すべての答えは、あなたの脳の中にすでにあるからです。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆さんの自問自答が、今日も冴えますように!

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「米軍の展開が意味することは?」です。

米軍の動きが株式に影響を与えるというお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。