アベノミクスの終焉で株価暴落?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2017年10月10日配信「アベノミクスの終焉で株価暴落?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

いよいよ、衆議院選挙が告示されました。
政権が変わる可能性のある選挙として、海外の投資家も注目しています。
選挙の結果は、株式市場にどのような影響を与えるか、考えてみます。

基本的には、日本では国政選挙があると、株価は上昇します。
ただし、上昇は投票日まで。
開票結果によって、株価は上か下へ、動いていきます。

今回も、日経平均は勢い良く上昇しています。
国政選挙で株価上昇という過去の習性に従っているのですが、
それともう一つ、自公与党が過半数を取って、
安倍政権が延命されるという予測があるからです。

2012年以来、内閣支持率と株価が連動することから、
安倍政権は、株価連動内閣といわれてきました。
株式市場は、安倍政権を好意的に受け止めてきたのです。

そして、今回も安倍政権の継続と長期化を望んでいるように見えます。
現在の日経平均は、2年ぶりの高値を更新しようとしていますが、
開票結果が予測通りに、自公与党の過半数獲得であれば、
さらに上昇して、日経平均3万円奪還が現実的となってきます。

しかし、自公連立が負けた場合には、どうなるのか?
当然に、日経平均は大きく下げることでしょう。
しかし、その下げが長期化するかどうかは、
だれが勝ったのかによって、違います。

希望の党が勝つのか、立憲・共産などの左派が勝つのか、
それによって、日経平均下落後の動き方は変わってくるはず。
この先は、少し長くなりますので、次号に書きますね。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「選挙結果で株価はこう動く」です。

今回に続きアベノミクスと選挙後の3つのシナリオについてのお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。