トランプ大統領は逮捕か、弾劾か?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2017年5月16日配信「トランプ大統領は逮捕か、弾劾か?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

韓国では、大統領が弾劾されて、新大統領が誕生しました。
大統領交代という意味では、アメリカでもその可能性が見えてきました。
先週に、トランプ大統領はFBI長官を解任しました。
表向きの理由はともかく、真相はトランプ大統領がFBIに、
ある捜査を頓挫させたかったとの情報がとびかっています。

FBIは、ロシア政府がサイバー攻撃によって、
トランプ当選を実現したというシナリオの元、
ロシア政府に働きかけたトランプ大統領を
逮捕する意気込みで捜査を進めていたそうです。

この話は、実は唐突でもなんでもなく、昨年12月から、
ワシントンポストやニューヨークタイムズで、断定的に報じられていました。
就任当初のトランプ大統領がマスメディアを毛嫌いしたのもうなずけます。

議会では、大統領弾劾の動きがすでに始まっています。
この問題は、最後にどんな結末を迎えるでしょうか?

第一に、ウォーターゲート事件のように、大統領が辞任するという結末。
第二に、韓国のように、弾劾が決議されて失職するという結末。
第三に、最後まで抵抗したあげくに、逮捕されるという結末です。

捜査の進展が明らかになったときは、株式市場も混乱をすることでしょう。
しかし、トランプ大統領がどんな終わり方をしようとも、
副大統領が次の大統領に就任します。

副大統領は、共和党のペンス氏ですから、政権の基盤は変わらず、しかも彼は穏健。
この交代劇を、市場は好意的に受け入れるような気がします。
いずれにしても、トランプ氏がツイッターで吠える日は、そう長く続かない見通しです。
こうした情報は不確実であり、あくまで予想です。
しかし、投資行動は、最悪の事態まで想定して決めるべきなので、
起こり得るリスクとして、認知しておきたいものです。

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
今週も、皆さんの平穏無事を祈っています。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「記憶は正しい判断を導く」です。

人が判断や決断をするとき、記憶がとても大きな武器となります。というお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。