停滞に負けないで!

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2017年1月31日配信「停滞に負けないで!」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

私は、スポーツが好きなのに、身体が硬い。
それを改善しようと、スポーツストレッチを昨年から始めました。
しかし、身体はすぐに柔らかくなったりしません。
やっぱり生まれつき硬いのだから、ストレッチしてもダメではないか、
なんて諦めかけたときもありましたが、
1年以上経って、ようやく柔らかくなってきたのを感じます。

このように、努力しているのに、結果が出ない停滞を、
“プラトー現象”といいます。
プラトーとはPlateau、高原のこと。
右肩上がりに上昇しない停滞を、
そのなだらかな稜線にたとえています。
停滞期というのは、だれにでも有ります。
仕事、勉強、ダイエットなど、どの分野にも起きます。

問題は、停滞があることではなくて、
停滞がいつか終わるものであることを知らないことです。

停滞は、本格的な成長のための熟成期間であるのに、
結果が早く出ないことで、諦めてしまい、
努力を止めてしまうことが最大の問題です。
停滞を解決する第一の方法は、諦めないで継続すること。
プラトーも、いつか必ず終わりが来ると自覚すること。
上達を手にいれる方法は、大量行動しかありません。

たとえば、ゴルフで言えば、毎週練習するとかというユルい計画ではなくて、
ダンプカー1台分のボールを打つとかの大量行動の決断です。

多くの人は、ちょっと努力して止める。
ちょっと努力して、見切りをつけるということを繰り返してしまいます。
途上で諦めないで、もう少し続けたら努力が実るのに、
と残念に思うことがよくあります。

今週のテーマは、停滞でした。
そして、それを解決するのは、大量行動。
可能にするのは、プラトー現象という自覚です。
ただ決断して辛抱するだけでは、ちょっとストイック過ぎるという方には、
二つの対策をご提案します。
一つは、他人からの介入。
もう一つは、努力のルーティン化です。
詳しくは、次号でご案内します。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「なだらかな95%で脱落しない方法」です。

生まれつき意思の強い人などいません。成し遂げる人は、工夫をしているというお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。