なぜ日本人は疲れているのか?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2016年10月11日配信「なぜ日本人は疲れているのか?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

いくつかの台風が過ぎて、すっかり秋めいてきました。
季節の変わり目は、体調を壊しがちです。
人生の最も価値の高い資産は、健康です。
身体をいたわって、充実した日々を過ごしたいものです。

そんなに大事な健康ですが、
健康をむしばむものには、怠惰と無節操、そして無知です。
今日は、疲労に対する無知を解消する本をご紹介します。
日本は「疲労大国」と呼ばれていて、
日本人の約60%は何らかの疲れを感じているそうです。

あなたは疲れているときに、どんな対策をしますか?
もしかしたら、こんな疲労回復説を実行していないでしょうか。

・無理に運動をする。
・栄養ドリンクを飲む。
・ニンニク、ウナギ、焼肉などを食べる。
・熱い温泉に首まで浸かる。
・アルコールで気分転換する。

いかにも、疲労回復しそうな対策ですが、
実は、疲労に効くという科学的な根拠はありません。
それどころか、疲労を悪化させるリスクの方が高いのです。
詳しくは、推薦する本を読んで欲しいのですが、
正解の疲労回復法は以下の通り。

・ごろ寝でくつろぐ。
・鶏のムネ肉を食べる。
・黒酢、梅干し、レモンのいずれかを摂る。
・入浴はぬるめのお湯で半身浴。
・寝酒をしない

ちょっと意外ではないでしょうか。
疲労対策にこんなミスマッチがあるのも、仕方がありません。
疲労が科学的に研究されたことはありませんでしたので、
疲労は主観的で、あいまいなものにすぎませんでした。
最近になって、疲労大国・ニッポンで「抗疲労プロジェクト」が立ち上げられました。
その目的は、疲労の度合いを客観的な数値で表し、疲労を科学的に解明することです。
そのプロジェクト・リーダーを務めている大阪市立大学の梶本修身先生が、
化学が苦手な人にも分りやすい疲労科学の本を出しました。

すべての疲労は脳が原因」(集英社新書)

疲労とは何か?
筋肉に乳酸が溜まっているから、体が疲れたと感じる。
そう私は思っていました。
しかし、疲労感が発生するのは、脳の自律神経なのです。

自律神経とは、交感神経と副交感神経をコントロールすることで、
人体の生体機能を調整している神経。
自律神経は、活性酸素に攻撃されることで、疲れます。

正しい疲労対策とは、活性酸素によって酸化されて損傷した細胞を修復すること。
そのために、何をすれば良いのかということが、科学的に分かってきました。
これって、すごい情報ですね。

言ってみれば、自分の脳を上手に扱うことで、
いつもエネルギッシュに、行動することができるようになるということ。
これは、人生の質を上げること、間違いありません。

疲労感を感じている方、もっとアクティブになりたい方は、
ぜひ、読んでみてください。

すべての疲労は脳が原因

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「恐怖心を放置しておくと…」です。

人生の質を決定する恐怖との付き合い方のお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。