ハインリッヒの法則を知っていますか?

こんにちは。

今回お送りする過去のメルマガは、

2016年9月6日配信「ハインリッヒの法則を知っていますか?」です。

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。

自分の仕事力には多少の自信がある私ですが、
戒めないといけないと思っているのは、手抜きです。
甘い見通しで、一手間省いて、大変な失敗をすることが、
何年かに一回くらいあります。

たとえば、通勤時に自転車で、
小さな通りからT字路に出て、右に曲がります。
曲がる前に、角で右と左を確認してから、右に曲がるべきですが、
一手間を惜しんで、左側を確認しないことがあります。
それでも、ほとんどの場合には問題ないのですが、
運悪く、左から来る自転車と出会い頭に激突してしまいました。
当たり前の安全確認を、いつも徹底しないといけませんね。
そんなことを反省しているときに、ハインリッヒの法則を知りました。
それは、労働災害を調べていたハインリッヒさんが発見した「1:29:300」の法則です。
1件の重大事故の背後には、29件の軽微な事故があり、
さらにその背後には、事なきを得た300件に災害があるというのです。

これを、私の日常の仕事に直せば、
300件の手抜きの結果として、致命的な大失敗が一つ起きるということです。

人は、致命的な大事だけに焦点を当て、
「運が悪かった」と嘆いて終わりがちです。しかし、
本質的には、それ以前の300件の小事を撲滅しなければ、
失敗を繰り返すのです。しかも必然的に。
そういえば、野球の野村克也氏は、
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と名言を残しました。
負けは、日常的に持っている負けの要因が、
300分の1の確率で、現出することなのです。
負けの原因がなければ、そもそも負けは存在しないとも言えるでしょう。

大雑把にいえば、世の中の人は、2種類に分けることができます。
300回のうちの1回の大事にしか、注意を払わない人と、
300回の一つ一つの小事にも気を配れる人とです。

さて、いまだに失敗を繰り返す未熟者の私ですが(笑)、
300回の一つ一つに潜在的なサインを感じられる、
丁寧な生き方を心がけたいと思っています。
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
事故や失敗の起こらぬように、凡事徹底と安全確認をお願いします。
皆さんの平穏無事を祈っています。

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「男が女より早く死ぬ本当のワケ」です。

トレーニングジムも経営する北川が男の人が女より早く死ぬ本当のワケを考えます。

あなたの人生の後悔を考えながら読んでいただければと思います。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

メルマガに登録していただければ、毎週、All About公式ガイドである資産運用のプロである
北川が「お金と人生の戦略」についてお届けします!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。