借金も資産の一つである!?

023726こんにちは。
今回お送りするメルマガは、

2015年6月16日配信「借金も資産の一つである!?」です。

 

************************************************

おはようございます!ファイナンシャルDr.北川です。
お金に恵まれる人の金銭感覚について、連載しています。
 
前回は、なぜお金は足りなくなるか?というお話でした。
資金ショートになるのは、あなただけではないのです。
世の中の仕組みが、元からそうなっています。
問題は、そのことに対する備えです。
 
本質的な対策は、将来の資金ショートを予測して、
支出をコントロールすることです。
しかし、完ぺきに予測することは、むずかしい。
いざとなったら、お金を借りるのですね。
 
借金に対して、ネガティブなイメージを持っていませんか?
が、経営者になるような人は、ポジティブに借金をします。
つまり、借金は経営上良いことなのです。
借金をする必要のない人は、遊休資産を持っている人です。
しかし、資産を遊ばせていない人は、借金でしのぎます。
資産を遊ばせている人と、借金をする人ととを比べたら、
借金をしている人の方が、優秀です。
 
なぜなら、自分が投下した最小資本に対して、
最大のリターンを上げることが、経営の使命だからです。
借金を活用して効率的な経営をすることを、
レバレッジを効かせるといいます。
 
レバレッジはテコという意味。
小さな力で大きな石を動かすことができます。
力は自己資本のメタファーで、石は利益のメタファーです。
借金は間違いなく資産の一つです。
 
さて、この原理は、個人や家庭にも共通です。
住宅ローンを組んでいて、余裕ができたら、
すぐに繰り上げ返済をしようとする。
これ、当たり前の発想で、FPもそうアドバイスします。
 
でも、将来のキャッシュフローに不安や問題があるのであれば、
住宅ローンという借金を使って、
家計を効率化することができます。
余剰資金を、返済ではなくて、運用に回すのです。
 
住宅ローンの金利は、1〜2%。
国際分散投資の期待リターンは、6〜8%です。
繰り上げ返済で減らせる金利負担と、
運用で増やせる収益と、どちらが有利かは、
これなら明らかですね。
 
住宅ローンという錦の御旗の下で、低金利の調達を実現します。
そして、余った現金は、世界のマーケットで働かせる。
これこそが、ホントのファイナンシャル・プランニングなのです。
 
マネーパワーを上手に使えば、会社でも家庭でも、
あなたの存在価値が、いっそう増すことでしょう。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
皆さんのマネーパワーが増すことを祈っています。
 
北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

いかがでしたでしょうか。

次回の過去メルマガは、「お金なんてはかないものです!?」です。

ギリシャの破たんのような危機が来たときへの備えについてのお話しです。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

「全10回の無料メール講座」に登録していただければ、定期的に、お得な情報が無料で配信されます!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。