決して沈まない巨大客船

Day7
imageVoyager of the Seasは日本へ帰路につきました。今日は、特別にコックピットの見学会がありました。限られた人だけが入れるミニ・ツアーです。コックピットがあるのは、最上階の15階。広い空間に、ポツンを航海機器が並んでいます。

船長は、ノルウェー人。親子三代のキャプテンだそうです。キャプテンは、ユーモア混じりで教えてくれました。タイタニックの3倍の大きさだそうです。広いので、キャプテンの足は、自転車です。

私も、海の男のはしくれとして、質問をしてみました。
・台風を避けられなかったら、どうなる?(このとき台風6号を避ける航路を取っていた)

キャプテンの回答は、30メートルの波が来ても、大丈夫。台風の中でも耐えることができる。そう、不沈ということです。

imageもう一つの質問。
・台北から東京まで、最短で何時間かかる?(実際には、延べ3日かけて航海している)

回答は、12時間!
ホントは、すっごい速いのだが、ツアーは余裕を持って、わざとゆっくり走っているということ。
最速で走って欲しかったら、特急料金を請求するとのジョーク付きです。

今回は、台風とミーティングしてしまいましたが、どんな天候であれ、旅程を守ることができるように、プログラムされているのですね。

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。