お金持ちが祖先を大事にするワケ

108371こんにちは。
今回お送りするメルマガは、

2014年5月7日配信「お金持ちが祖先を大事にするワケ」です。

 

************************************************

おはようございます!
ファイナンシャルDr.の北川です。

前回のメルマガでは、
家族が最高の資産というお話
をしました。

GWでは家族との時間を
楽しめたでしょうか?

ご家族同士の信頼残高を
アップできたら、良かったですね。

今回からは、家族が皆さんの
資産形成に与える影響について、
ご案内したいと思います。
最初の家族は、祖先様です。
祖先を敬いなさいとは、
よく聞く教えです。

さて、なぜ敬わないといけない
のでしょう。

その意味や目的を
考えたことがありますか?
祖先崇拝に目的などない!
敬うべき理由も必要ない!
と考える人もいるでしょう。
でも、あまのじゃくな自分は、
なぜだろう?
とクールに構えていました。

そうしたら、こんな出来事があって、
自分は祖先崇拝を真剣に
するようになりました。
実は、私の母が一昨年に亡くなりました。
三周忌のあとに、ある霊感の強い方に
こう言われました。
「お母様は三周忌が終わって、
ようやくあの世に行かれました」

自分:「えっ、ということは二年近くもこの世にいたのですか?」

「はい、それまでいろいろな後始末をしていました」

自分:「後始末って、どんなことですか?」

「親しかった人にお別れをしたり、
残されたあなたたちの今後をお願いするために、
あちこちを回っていたのです」
これは間違いない真実なのか、
自分には断言できません。

しかし、母ならそんなことをしそうだし、
自分のことを、目に見えない世界から
後押ししてくれていたと聞かされれば、
それは涙が出るほどうれしいです。

そういえば、母が亡くなってから、
念願の本が出せました。

もしかしたら、母の霊魂がP社の人に
強く働きかけたのかもしれません(笑)。
まあ、そうでないかもしれませんが、
そう解釈することはだれの迷惑にも
なりません。

自分を応援してくれる祖先様を想像すると、
喜びが沸き、感謝の念が深まる、
将来に対する希望すら膨らんできます。

それならば、祖先崇拝は人生を
意義深くしてくれる、と拡大解釈
してもいいではないですか?

確かに、松下幸之助さんにしても、
竹田和平さんにしても、大資産家となった
人たちは、必ず報恩と孝行を説きます。
私たちの世界を動かしているのは
エネルギーです。

それには、見える力、
見えない力があります。
唯物論や物質主義、拝金主義に陥らずに、
不思議な何かの力にも感謝することが、
資産形成に欠かせないことなのでしょう。

祖先崇拝には、お墓参りや朝夕の
合掌礼拝などがありますが、写真を見て
感謝するだけの小さな行動でもいいのです。

大事なことは、私たちは生かされている
という謙虚な心ですね。
最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

連休明けですが、祖先様への感謝を忘れずに、
今日もまい進しましょう!

 

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

祖先を大事にし、感謝しながら生きることは、何か大きなエネルギーを呼び寄せ、

ひいては資産を作るときにも役に立つということなのですね。

人に物に出来事に、感謝できる謙虚な気持ちを忘れないようにしたいと思います。

次回の過去のメルマガは、「兄弟仲が悪い人はお金に苦労する」です。

最強のパートナーになれるはずの兄弟との関係性についてのお話です。

お楽しみに!

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

「全10回の無料メール講座」に登録していただければ、定期的に、お得な情報が無料で配信されます!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。