メタボより怖いサルコペニア

a1180_009827こんにちは。
今回お送りするメルマガは、

2013年11月5日配信「メタボより怖いサルコペニア」です。

************************************************

ファイナンシャルDr.の北川です。

ニューヨークや韓国では株価が好調です。
一方で、ゴールドは値下がり傾向。
いよいよ世界はリスクオン!の時代に突入ですね。


さて、前号に引き続き、健康のお話です。

加圧トレーニング学会で、
メタボリックに替わって、
ひんぱんに出てきたカタカナがあります。


それは、「サルコペニア」です。


サルコペニアとは筋肉が減少していく症状で、
加齢とともに進行していきます。

40歳から一年に1%ずつ筋肉減少が
続きますが、それに肥満が加わると、
サルコペニア肥満となります。

筋肉の減少は、転倒、骨折などの
リスクがありますし、肥満には、糖尿病、
脳卒中、心疾患のリスクがあります。

サルコペニア肥満は、相乗効果で
それらのリスクを高めてしまうのです。


高齢者社会においてはサルコペニア対策
として、筋肉トレーニングが
だれにも必須です。


高齢者社会でのもう一つの悲劇は認知症です。

リタイアしたら、ボケないように
運動をしよう、などと言う人がいますが、
それでは手遅れです。

認知症には治療法がありませんが、
それを発症させるメカニズムは
明らかになってきました。


現役時代の30年間の習慣が、
脳に引き起こす病気だということです。


ですから、今をどう生きているか?
ということが、あなたの未来を
創っているのです。


認知症対策は、5つあります。

1、    運動をする
2、    健康な食事をする
3、    人と交流し感情豊かにする
4、    好奇心を持って考える
5、    逆立ち、咀嚼、昼寝の習慣


皆さんは、いくつできていますか?


夢をかなえたい、理想の人生を生きたい
という、ポジティブな動機付けも
重要ですが、

サルコペニアになりたくない、
ボケたくない、介護状態になって
回りの人に迷惑をかけたくない、

という未来の悲劇を回避したいと
考えることも、人を真剣にします。


これを「避ける動機付け」と呼びます。


「避ける動機付け」という意味で、
お金の心配を無くするための
資産運用をお手伝いすること。


その事こそ、ファイナンシャル・ドクターたる
北川の本業です。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
今日も素敵な一日にしてください。

 

北川邦弘公式ブログ運営スタッフより***************

「避ける動機付け」の考え方は、資産運用や健康など、

人生のいろいろな場面で役に立ちます。

次回はマネー流れとウィンウィンの資産の形である国際分散投資

について書いたメルマガをお送りします。

北川のライフデザインやライフプランに興味ある方はぜひ、定期的に配信される

メルマガもご覧ください。

これからもメルマガの中から、お役立ち情報を掲載していきますので、次回もお楽しみに!

「全10回の無料メール講座」に登録していただければ、定期的に、お得な情報が無料で配信されます!
まだの方はぜひご登録を!

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。