加圧トレーニング学会にて

satokaatsu久しぶりの加圧トレーニング学会です。加圧の効果は世界中に広がっているので、一年も経つと長足の進歩を遂げています。

今回発表されたのは、アメリカでの普及の進捗状況でした。

・アメリカのFDAに、医療行為としての申請がなされました。
これが認められると、日本より先に医療として加圧トレーニングが正式に認められることになります。

・ハーバード大学の水泳部では、すでにアクアベルトを使って、加圧して競泳練習をしています。日本には、まだ水中で使える加圧ベルトが製品化されていません。日本初の発明なのに、普及はアメリカの方が速い?

・アメリカの神経学の権威が、加圧トレーニングの効果のメカニズムを分子レベルで解明しようと研究を始めています。

ご存知かもしれませんが、加圧トレーニングの発明者は、同じ府中にお住まいの佐藤義昭先生です。プロゴルフ界のドンと言われた故・杉原輝雄さんは、生前に「加圧はノーベル賞に値する」と話されていました。

その夢が、いよいよかなう時が近づいてきました。

加圧は人生を変える可能性を持っています。

この記事に関連する記事


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。