NYで株価が暴落

dow.jpg米国議会で国債上限問題にケリがつけられれば株価は再び上昇を続けるとの大方の予想を裏切って、連夜の下げ、そしてとうとう500ドル超の暴落となりました。これで、ここまでコツコツ積み上げてきた8ヶ月のリターンが吹っ飛びました[もうやだ~(悲しい顔)]。欧米の経済に対する懸念、そしてドル、ユーロの不安には根深いものがありました。また、売りが売りを誘うことで抵抗ラインを突き抜けてしまいました。こうなると、今日の東京証券取引所でも暴落となるでしょう。世界株安の連鎖がどこで止まるか?今はそこに焦点が当たります。

リーマンショックのときもそうでしたが、暴落におびえ途中で退場した人は、株価が反発する前に買い戻すことができずに、けっきょくは損失を確定させてしまいました。今回の暴落もいずれは回復により埋め合わされるはずですし、リーマンショックに比べればその影響は限定的です。ここは踏ん張って、今のポートフォリオを維持することが賢明です。ニューマネーを持っていれば、底値を買っていく絶好のチャンスです。

この記事に関連する記事


タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。