世界の海から 「コンニチワ!」

P9020072.jpgハリファックスでのワールドマスターズ3日目にレセプションが行われました。と聞くと、ホテルの宴会場でジャッケトをはおり華やかにワインを飲む、みたいな映像をイメージしていましたが、まったくラフなパーテイでした。屋外の芝生の上でパック入りのパスタとポテトをいただきます。

左の写真はガイジンさんたちと記念撮影。レースが終わればノーサイドということで、みんな明るく談笑します。中央(私の右側)のスカートをはいた男の子(顔が小さい!)がバイバーという民族楽器で楽しませてくれました。スゴイ迫力のある音がでます。この写真からも私がいかに細いかお分かりいただけると思います。

レースがあるときは、陸の上での争いがあります。それは・・・

 

P9030109_edited-1.jpg今回の大会は、カナダのヨット界で史上最大の規模だそうですが、会場となったセント・マーガレット・ヨット・クラブは欧米にならどこにでもあるような小さなマリーナです。したがい、ほとんどが仮設された構造物で運営されています。左の写真はご存知仮設トイレ!朝11時の出艇前にはこのように順番待ちの列ができます。中央に女性がいますね。そう、男女共用なんです。

 ワールドマスターズには女性の競技者もたくさんいます。中には仲良く夫婦ともにセイラーというイギリス人もいました。

 

P9020060.jpg右は、セレモニーで来賓の挨拶を聞き入る競技者たち。いつもは大声ではしゃぐ人たちも、ここは礼儀をわきまえて大人しくスピーチを聴くんですね(感心)。

それにしても、ガイジンの挨拶は見事です。ユーモアがあって、機知に富んでいて、しかも短く愉快です。話にリズムがあって音楽を聞いているようにも感じます。

この後の夕日もきれいでした。日没は夜の7時くらいです。

そして、戦いはあと3日続きます。

この記事に関連する記事


タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。