投資は怖いもの?

投資と言うと「怖い・危険」「損をする」というイメージがあるかもしれません。
確かに、何の知識もなく「株」や「FX」の取引を行うと損をする可能性が高くなります。
しかしきちんとした知識を身につけて投資を行えば、損をするリスクは大幅に減らすことができます。

では投資にはどういった知識が必要なのでしょうか?
簡単に解説します。

少額からでも投資が可能

投資と言うと、始めるのに大金が必要と感じておられる方も多いかもしれませんが、
近年のネット証券では1,000円からでも投資をすることが可能になっています。
初心者の方でも簡単に投資ができる環境となっています。

収益率を把握しよう

きちんとした知識を身につけ安全な投資をすると、儲かる可能性は大幅に増えます。
しかし儲かると言っても、収益率は良くて年間に10%程度です。
つまり100万円を投資しても一年で10万円を得られる程度のものなのです。

安全な投資って何?

投資というと「ある会社の株式を買う」「金を買う」というように、
あるものを集中して買うイメージがあるかもしれません。
しかし集中して買うと、例えば買っていた会社の株価が暴落してしまった場合、
大きく損をします。
ハイリスク・ハイリターンのギャンブルになります。

しかし、複数の会社の株式を購入していたらどうでしょうか?
一つの会社の株価が落ちても、大きく損をする可能性は減ります。

このように、分散して様々なものに投資を行うことで、リスクを最小限に減らすことができます。

具体的には

  • 1.商品、地域の分散
  • 2.購入時間の分散
  • 3.長期投資

この3つを行うことでリスクを大幅に軽減することができ、安全な投資になるのです。

本当にリスクはないの?

もちろん投資ですから、ノーリスクというわけではありません。
ですが、長期投資に関する面白い研究結果があります。

株価は1年間で見ると倍増したり半額になってしまう可能性もあります。
しかし5年間保有すると、統計上は最高で37%増え最低で11%減るという範囲におさまります。
20年間では、最高では20%最低でも6%は増え、30年保有していれば年率12%の収益率に収まるというものです。

つまり時間を掛ければ、結果は収束し、リスクはなくなっていくということです。
更に投資対象を分散していけば、リスクは限りなくゼロになります。

どのようにすれば分散投資ができるの?

簡単に分散投資をする方法、それは「投資信託を購入する」ことです。
※詳しくは「投資信託のメリット」をご確認ください。

投資信託を毎月定額ずつ買い続けることで長期分散投資が可能です。

貯金では資産が減っていく?

日本は世界でも有数の「貯金思考」の強い国です。
なので、貯金をしていればいいと考えてしまいがちですが、実は貯金では資産をどんどん減らしてしまっているのです。
貯金で資産が減るというと不思議に思ってしまうかもしれませんが、貯金の金利は良くて0.5~1%です。
しかし、物価上昇があり、更に今後の税金アップが避けられない状況です。
貯金の金利だけではそれら上昇には耐えられません。

将来的なことを考えると、貯金ではお金の価値がどんどん目減りしていくのです。
ですから、投資をして資産を増やすことが大事になります。

投資に本当に大事なのは継続力

人間はどうしても弱いものですので、「すぐに大金を稼ぎたい」「損をしたくない」と考えてしまいがちです。
長期投資を行うと、短期的に価格が下落してしまうという状況は必ず起こります。
そんなときでも、継続して定額の購入を続け、保有し続けられるかで将来の結果は大きく変わります。
「その時の噂に振り回されず継続する」これが安全な投資の鍵になります。